口コミ評判は毎年チェック

2013年も注視していきたいですね。

当サイトは毎年更新していこうと思っています。パネルメーカーは近年の太陽光発電の気運に乗って様々な事業を展開しつつあります。その中で2013年に注目していきたいのが住宅用太陽光発電以外にも、産業用太陽光発電の存在です。産業用というのは一般的に10KWシステムを構築するケースで、事業所、店舗、マンション屋上、工場屋上といった広大な面積を持つ場所に設置する場合に適用されます。


国の売電制度もかなり良い感じです。全量買取制度が適用できるので、発電した電気は全て売電することができます。来年は1wあたりいくらになるかまだ不明ですが、これにともなって個人事業主や、中小企業、マンションオーナも魅力的になるでしょう。

もちろん住宅用太陽光発電も今後ますます開発が盛んになるでしょう。東芝は公称最大出力250Wのパネルを導入しはじめて、国内で最も発電量が期待できるパネルの1つとなりました。口コミや評判のいいソーラーフロンティアも今後さらなる品質の良いパネルの開発が期待されています。

既にパネルを設置した家庭の方は次々と自宅の発電量を報告するシーンが想定されます。そしてどのメーカーが性能が良いか、もっと自宅の事を知ってもらいたいと思う人が増えるでしょう。

ネット上の口コミも増えるはずです。それにともなって売上にも影響してくるでしょうね。ソーラーフロンティアは導入した人にネットで口コミを書いてもらえばすごいマーケティングになるのに、とも思いますね。だって今のところNo1パネルですからね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ